記事一覧

看護専門学校と看護大学の違いは?

看護師になるには看護専門学校か看護大学、看護短大に入学し、その後、国家試験に通らなければなれません。では、同じ看護師になれるけれど、専門と大学ではなにが違うのでしょうか?大きな違いは①学費②年限(通学する期間)③カリキュラム(授業や講座)④保健師、助産師の資格取得の有無が挙げられます。

①学費は目安として看護専門学校は初年度約50万円(~100万円)、大学約200万円②看護専門学校は3年、大学は4年③大学は一般教養科目も多く、幅広い、また先端医療に触れられる④大学では保健師、助産師の受験資格を得られる学校もある。専門の場合、保健師・助産師を目指すには国家試験合格後に1年制の保健師養成学校に通うか、4年制大学の保健師養成課程に3年次編入等となります。

専門学校と大学はどちらがいいとかはありませんが、社会人の方はより早く働き出せる専門学校を目指す方が割合と多いです。高校生や20代前半の方は人によってさまざまですが、大学と専門学校を併願する方が多いですね。

 

 

2016年春期講習

春期講習(在校生無料)が3月30日の明後日から始まります。内容は英語、数学ともに基礎から入試レベルまで、一通りざっと見ていきます。看護系の受験したことがなかったり、学力に不安のある方は、看護の入試問題がどのような感じかつかんでもらえればいいと思います。受験したことがある方は今までの復習ができるのではないかと思います。春期講習は先取り学習というより受験レベルまで一通り見る内容なので、受けられない方は、授業開始の4月11日(月)までまだ日にちがあるので英単語、熟語等を見ておきましょう。

spring-english (140x200) spring-math (141x200)

(2016)説明会にご参加いただきありがとうございました。

一昨日(3/21)は説明会にご参加いただきありがとうございました。看護の受験について少しは伝わったでしょうか?次回も同一内容で4月3日(日)にあります。説明会としては最後になりますが、ご都合が合わない方は個別説明もしていますので遠慮なくお問い合わせください。また何かわからないことがありましたらお気軽にお問い合わせください。
新宿看護アカデミー tel:03-5332-7501

学校説明会

(2016)※☆学校説明会のお知らせ(3/21(月・祝)、4/3(日))☆※

3月21日(月・祝)と4月3日(日)に学校説明会があります。内容は看護医療系学校の受験全般について、本学の授業についてなどです。また看護学生(卒業生)の方も来られます。受験への不安な事や疑問なことは、一人ひとり、みなさんあると思います。「同じ道を通った先輩」に聞いて少しでも道が拓ければ思います。(どの日にちでも説明会は同一内容です。)時間は14:30~15:30でなるべく14:30までにお越しください。15:30~は個別気になることがあれば遠慮なく看護学生さんや先生に聞いてくださいね。HP:http://www.oja.school-info.jp/setumei.htm

地図・アクセスです。
地図・アクセスです。

看護学校の面接対策は万全ですか?

推薦入試、社会人入試では面接が重視されますが、一般入試では学科試験が重視されます。

面接の評価は多くの学校でA,B,CまたはA,B,C,D評価で(30点満点の学校もあります)1番低いランクの評価(志望理由がはっきりしないなど)だとかなり不利になります。看護師の志望理由や本校志望理由は重視されるので事前に文章でまとめたほうがよいでしょう。ドアのノックの回数やおじぎの角度などは気にせず、姿勢よく答えます。

またディスカッションを行う学校は毎年ほぼ決まっていますが、ほかの人の意見をよく聞き自分の意見は具体的に発言するようにしましょう。

 

 

看護医療系学校の願書について

受験生のみなさん、こんにちは新宿看護アカデミーです。みなさん志望校が決まってまず最初に悩む方が多いのが願書の書き方だとおもいます。多くの学校の願書では、(看護師になる、その学校の)志望理由、経歴、長所短所等の項目があります。これらは面接でも聞かれる内容なので矛盾のないようにします。

もっとも大事で重視されるのが看護師志望理由です。これの書き方のヒントを1つ。それは「きっかけ」を「理由」にされている方が多くいるということです。看護師のどこに自分がやりがいを感じているか、一人ひとり違いますから、向き合って、考えて、相手に伝わるような内容の必要があります。自分ではいいと思っている内容でも先生方に見せると、これは単に看護師を目指すきっかけにすぎないし、看護師ではなくとも当てはめられるよ、というのはよくあります。どこまでどう掘り下げるかは普段なかなかしないし、わからないことなのでしょうがないとも言えますが。最初はみなさんうまく書けないところからスタートし人(先生方)に見てもらって、考え、修正し、徐々に客観的に評価できるようになり、伝わる文章になっていきます。(小論文でもそうですね、何回も修正されて徐々にうまくなっていきます。)

それと注意事項を1つ。単に「志望理由」の場合、看護師志望理由をはじめの3分の2程度書き、残りの3分の1程度を学校の志望理由にした方が書きやすいと思います。なるべく下書きを同じ大きさの紙に鉛筆で書き、願書は一般にボールペンで書いて修正液は使わなくて済むように丁寧に書きます。看護師志望理由は大事な項目なので、本学では志望理由を掘り下げる所からはじめます。

看護受験(年齢による不利はある?)

よく質問で「○○才ですが、合格できますか?」と聞かれることがあります。なかなか答えにくい質問ですが、年齢がいくほど有利ということはないです。これは看護師になってから働ける年限が若い人ほど長いことからわかることでもあります。また学校によってまちまちなのが現状ですが、特に35歳以上だと不利な学校もあります。また面接の際に聞かれる内容も高校生とは違ってきます。具体的に年齢が特に気になる、また答えにくい質問がある等の方はご相談下さいね。

 

 

看護学科の学校別入試問題

学校毎に入試問題が異なり特色があります。例えばある学校では毎年数学の試験1問目は食塩水の濃度についての問題です。(また、ある学校の数学の試験では今年の西暦にからめた問題であったり、英語では必ず会話文が一問目にでたり。)とはいっても基礎学力を固めるのがまずは大事だと思います。また一般入試一次試験で服装・髪型等をチェック、合否の参考にする学校もあります。

 

学力に不安のある方は

多くの看護学校(大学、専門、短大)の入試科目は英語、国語(古文、漢文除く)、数学Ⅰ、生物基礎から出題されます。特に英語は多くの学校で出題されるので苦手な方は早めに基礎の単語2000語、熟語300語、中学レベルの基礎文法を見ておくと4月からの授業がスムーズだと思います。数学Ⅰ、国語、生物基礎は4月からの授業で大丈夫だと思います。その他、不安がある方は遠慮なくご連絡ください。(TEL:03-5332-7501,mail:ojaoja@oja.school-info.jp)

看護学校の受験科目について

受験に際して、何科目必要なの?科目の選択についてよく聞かれます。基本的には英語、国語、数学、生物の4科目を受講すればどこの看護大学、看護専門学校でも受験できます。看護大学が第1志望の方は4科目もしくは英語、国語、生物の組合せの3科目を勉強される方が多いです。看護専門学校が第1志望の方は4科目もしくは英語、国語、数学の組合せの3科目を勉強される方が多いです。受験される学校によって1人1人必要な科目も変わってきます、では私の場合はどうしたらいいんだろう・・・という方も多いと思います。もし迷われてたら、お気軽に聞いてくださいね。