記事一覧

都立看護専門学校 一般入試 数学 解答(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

今日は朝から雪となりましたね。最高気温も1桁前半と凍えるような寒さとなります。

さて、昨日の都立看護専門学校の数学ですが、全般的に専門学校標準レベルの問題が多かったと言えます。他の科目との兼ね合いもありますが、数学だけでいうと70点以上とれていれば、まずまずだったのではないでしょうか?みなさんはいかがだったでしょうか?正直、問題の9割方はいままで習った問題でした。いままでと違い特徴的だったのは、20問目の相関係数を求めさせる問題ですね。専門学校ではほとんど出題されていないですね。

全体としてはクセのある問題もなく、正確に、落ち着いて、習った手筋どおりに進めていければ解ける問題がほとんどだったと思います。

以下解答です。

1  ⑤

2 ③

3 ④

4 ③

5 ②

6 ①

7 ⑤

8 ②

9 ④

10 ④

11 ④

12 ③

13 ①

14 ①

15 ②

16 ②

17 ①

18 ④

19 ⑤

20 ②

 

忙しい時期ですが頑張りましょう(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

受験生の皆様体調は大丈夫でしょうか?インフルエンザが流行しているので、手洗い・うがい等でなるべく防ぎましょう。インフルエンザは、密室に長時間いると、特にかかりやすいと聞いたことがあります。なので、帰宅時はよく手洗い・うがいをしましょう!外出して外を歩いている等の場合だと、あまりかかりにくいのかもしれません。

またこの時期だと3、4日連続で毎日入試があるということも珍しくありません。今日は面接、明日は学科、次の日も学科、その次は面接・・・など。合否がはっきりするまでなかなか落ち着ける気持にはならないと思います。

また面接も学科試験とは違い、適当な準備でなく、それなりの準備は大事になります。

3日後には都立看護専門学校の入試があります。受験生の皆様、睡眠をよくとり、体調を万全にして挑みましょう。

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

今日は松戸市立(専)の一次合格発表でしたね。合否の確認は、めずらしく、学校まで見に行かなければならない学校ですね。一次通過者は70人ほどのようです。二次試験では小論文と面接です。松戸市立(専)は場合によってはディスカッションもありますので注意です。

 

都立看護専門学校一般入試まであと4日です。(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

冬場は晴天の日が多いですが、珍しく雨もようの1日になりましたね。

都立の入試まで早いものであと4日と迫ってきました。少しの差が結果を左右することもありますので、うるおぼえの公式など、見直せる範囲で準備していきましょう。どの受験者の方も万全の態勢の方はいないですし、100点である必要もありません。いままでやってきた勉強を信じて入試に向かいましょう!

英語はコツコツ進めてよう(現高2生向け)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

この時期、高校2年生の方に、今から看護の受験のために、やっておいた方がいいことはなんですか?と聞かれることがあります。

現在高校2年生の方へのアドバイスとしては、まず高校の授業(特に英語)にはしっかり出席しておきましょう。そして、自習としては、英単語、熟語、文法の基礎をしっかり見直す、身につけておきましょう。英単語はおおよそ3000単語を目安に覚えるとよいでしょう。使う単語帳は現在お持ちのターゲット1900などで大丈夫です。単語を覚えてスラスラ意味を思いだせるようになるには時間がかかるので今から取り組んでおきましょう。また文法の基礎がしっかり理解できているかが、難しい長文まで分かるようになるかのカギとなります。丁寧にじっくり取り組みましょう。わからない文法構造など、そのままにせず、先生や講師に聞くのも大事です。

やはり、看護大学、看護専門学校でも英語は多くの学校で出題されます。そして、とても差がつきやすい科目でもあります。電車の移動中や、ちょっとした空き時間など少しずつ単語数を増やしていきましょう!!

一般常識の問題ってなに?(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

看護大学、看護専門学校の入試では、学科試験と面接試験があります。学科試験の多くは、英・国・数・生などの教科や小論文ですが、なかには学科試験が一般常識というところもあります。

看護の入試で出る一般常識とはどんなものなのでしょうか?

一般常識の問題は英語、数学、理科からの出題の学校が多いようです。

英語では英単語・医療用語は是非覚えておきましょう。

数学は中学で習う食塩水の濃度の問題や、文章題、因数分解の問題がよく出題されています。確率、二次関数の基礎などもよく出題されますね。解き方をしらないと中学で習うといえど、難しく感じるかもしれません。

理科は、化学の分野から元素記号や簡単な化学式、生物の分野からは、幅広く出題され生物基礎を学んでおかないと解きづらいでしょう。

その他、学校によっては、漢字、四字熟語、文学史、地理、政治経済などからも出題されることがあります。

 

慈恵看護専門学校の一般入試です。(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

今日の朝はいつもより少し暖かく感じた方も多かったのではないでしょうか?

さて、今日は看護専門学校のうちの人気校の1つである慈恵看護専門学校の一般入試ですね。ここの学校を第一志望として1年間頑張ってきた方も多いと思います。慈恵は伝統のある学校であり、入試問題をとってみても、問題がしっかり丁寧に作りこまれているな、と感じます。

受験されている方、実力を発揮できること、応援しています。

受験生は約160人ほどでした。

 

そして、今日は日本大学医学部附属看護専門学校の合格発表ですね。

 

都立看護専門学校まであと5日です(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

あと5日で都立看護専門学校の入試が迫ってきました。入試では5点、10点の差で大きく順位が変わり、合否に関わってきます。残りの5日もいつもどうり、コツコツ丁寧に進みましょう。

数学Ⅰでは、毎年、立体図形も1、2題、出題されています。球の表面積と体積の公式は大丈夫でしょうか?また、円錐の表面積の求め方も。この求め方は、実は簡単に求められます。三角比ではsin15°、cos15°の値も覚えていればボーナス問題になります!

その他、どの問題がでるかは、もちろん誰にもわかりませんが、年度によって問題の流行りや廃りは多少あります。そういったところは重点的におさえたほうが良いかなと思います。

データの分析はこれを押さえましょう。

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

新課程入試になってから今回の入試で4年目ですね。(新課程になってから、生物、数学の教科では大幅に試験範囲が変わりました。)

新課程入試になった初年度は、看護大学、看護専門学校ともに、データの分析は出る学校と出ない学校まちまちでした。今年は新課程になって4年目ですので、多くの学校でデータの分析が出題されるようになってきました。

今日は、データの分析の出題について、看護大学と看護専門学校の違いについて。

もし看護専門学校をメインに受験される方でしたら、平均、範囲、四分位偏差、分散、標準偏差等の定義(求め方)をまずしっかり覚えておきましょう。学校によっては、+αでヒストグラム、箱ひげ図の割と難しくない問題も出題されます。

もし看護大学を受験される方でしたら、上記の平均、範囲、四分位偏差、分散、標準偏差等以外に、相関係数の求め方も知っておく必要があるでしょう。またヒストグラム、箱ひげ図を見て、どのようなことが分かるか、言えるか、についても問われます。実際の入試問題をとおして、分散とはどういうものかの理解も深めておく必要があるでしょう。センター試験レベルまでやっておけばいいと思います。

絶対的な難しさでは二次関数の難問ほどではないので、しっかり解き方、考え方を分かっていれば得点源になると思います。