看護の面接について

看護学校を受験する場合は、

「面接」は看護専門学校ではほとんどすべての学校で、大学では面接がある学校とない学校があります。

また、面接において聞かれる内容は全員一律で同じではなく、社会人、大学生、高校生によっても変わってきます。
社会人の方でも職歴や背景や年齢など1人1人違うので、その人なりの面接の準備が必要になります。
看護学校によっても質問内容やどこに評価の重点を置いて面接するかなど、特徴があります。

面接では、 

★面接官2〜3人 面接時間は10〜20分位の面接が多いです。

★面接においては、看護師の志望動機やその学校の志望動機が重要になりますが、それ以外にも本人に関わることを聞かれます。(聞かれることは多岐にわたります。)

★評価方法はA,B,Cの3段階(または4段階)や点数として表す学校もあります様々です。

学科と違い、面接には絶対正しい答えがありません。またこれさえ”言って”おけば大丈夫ということもなく、トータルで目の前にいる相手を見ての評価になります。

必要以上に気構えたりする必要はないのですが、面接ではどうしても緊張してうまく言葉にできなかったり不安があったりすると思いますので事前に練習して自分の言いたいことを言えるようにしましょう。
面接練習するのは、”面接で聞かれる事に対する答えを丸暗記するため”ではなく、何を聞かれても自分なりの考えや意見がその場で臨機応変に組み立てられ、面接官に伝えられるようにするためにします。

新宿看護アカデミーでは、面接は”自分の言葉”を話せるように練習しています。