2020都立看護 数学(過去問解答)第6問

これも入試難易度は「標準」☆
基本をどれだけしっかり抑えてあるか、こういったところで差が出ると思います。
焦ったら、、基本に帰る。です。

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆

※解答全般について。
問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても気落ちしなくても大丈夫!出来るようになります。・・・勉強すればですが。。そして、入試には裏ワザやテクニックもありますが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まります。)

2020都立看護 数学(過去問解答)第5問

これも入試難易度は「易」☆
専門・大学両方の定番ですね。授業ではxの2乗だけでなく、3乗、4乗、5乗と万全の体制を整えています☆

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆

※解答全般について。
問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても気落ちしなくても大丈夫!出来るようになります。・・・勉強すればですが。。そして、入試には裏ワザやテクニックもありますが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まります。)

2020都立看護 数学(過去問解答)第4問

これも入試難易度は「易しい」☆
解きに行くのですが計算ミスをして、選択肢に答えがないと焦りますね💦

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆

※解答全般について。
問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても気落ちしなくても大丈夫!出来るようになります。・・・勉強すればですが。。そして、入試には裏ワザやテクニックもありますが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まります。)

2020都立看護 数学(過去問解答)第3問

入試難易度は「易しい」☆
あとは、いかに早く解くかです。

※この解答について。

この問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても全く気落ちしなくても大丈夫!そして、裏ワザやテクニックも必要ですが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まります。)

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆

2020都立看護 数学(過去問解答)第2問

この問題は差のつく問題です☆

※この解答について。

この問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても全く気落ちしなくても大丈夫!!、と付け加えておきます。裏ワザやテクニックも必要ですが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まると言いたいのです)

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆

2020都立看護 数学(過去問解答)第1問

※この解答について。

この問題が分かった人はそれはそれでよいとして、分からなくても全く気落ちしなくても大丈夫!!、と付け加えておきます。裏ワザやテクニックも必要ですが、まずはごまかしのない正攻法でいきましょう☆
また、基礎的な部分の理解はどの問題にも根っことして共通しており、問題を解く前にしっかり押さえておいた方がその後の学力の伸びは変わってきます。(つまり基礎の土台が大事で、その土台をどれだけ広く取れるかで、その上に立てる建物の階数が決まると言いたいのです)

*いくつか解き方があるものでも解法は1つのみ載せています。

*簡単でも難しくても、ひとまず1問1ページで紹介しました。

*難しいものでも丁寧に1から落ち着いて学んでいけば理解できます☆