合格後の課題(2019)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

朝はまだまだ冷えますが、最高気温は15℃を超える日が増えてきましたね。

さて、今年の受験生にとってはまだ先の話になってしまいますが、看護大学、看護専門学校では、合格後に入学までの課題を出すところがけっこうあります。

合格後、入学まで一息つきたいところですが、学校によってはけっこうな量の課題が出されます。課題の内容は、だいたいが一般常識(英国数生の中学レベル)のドリルや、本を読んでの要約や感想などです。都立荏原ではナイチンゲールの「看護覚え書」の要約と感想が課題になっていました。都立によって課題は違います。昭和(専)は課題量が多めですね。また入学後に学力テストがあるところも多いので、1通りはしっかりやっておきましょう。

また課題ではありませんが、入学後は生物に関する知識を広く、深く学びますので、今まで生物基礎を使わず入試を突破された方はいまのうちに、ざっと見ておきましょう。生物基礎などのことについて、すでにある程度知っている前提で講義をすすめられた時、知らないと焦ってしまします。

来年度の受験生はまずは焦らず4月からコツコツ頑張って行きましょう!もちろん合格後のフォローもしています。

1968年第1刷になってます


-◆-◆-◆-◆-◆-新宿看護アカデミー(授業と個別指導(無料)お気軽にお問い合わせください。ホームページ 資料請求 ☎03-5332-7501)説明会-◆-◆-◆-◆-◆

新宿看護アカデミー

投稿者: 新宿看護アカデミー

はじめまして、新宿看護アカデミーです。約20名以下の少人数制で、一人ひとりに合わせて合格までサポートしていきます!◆授業と個別指導(無料)◆専用の自習室◆願書の添削、作文・小論文の添削は何度でも無料◆最新の看護入試情報の配布◆不合格の場合、次年度学費無料◆現在2021年度生募集中です。