社会人、推薦入試に向けた小論文(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

昨夜の台風20号凄かったですね。関東はそうでもないと思ったのに、かなりの暴風雨でした。

さて、徐々に社会人、推薦入試の時期が近づいてきましたね。都立などは割と早めで10月初旬に入試、その他でも11月中のところが多いですね。

受験予定の方は、今現在、よりよい文章がかけるように格闘している人もいると思います。

本学でも自習室をのぞくと、原稿用紙を広げて集中している人がちらほら見えます。

数学と違って、小論文は1つの正解というものがないものなので、どうやって自分なりの文章を書いていくか苦心するところでね。

書いている人の背中をみるだけで、その大変さが伝わってきます。先生に添削してもらっても赤ペンだらけ・・・というのも、あるあるです。

なかなか、「よい文章」、「読み応えのある文章」が書けるようになるのは難しいと思うのですが、

何回も書く練習をすることによって必ず徐々に「いい文章」、合格となる文章になります。

是非粘りづよく、継続していきましょう!!