これから看護を目指す人に その3

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

今日は暖房も、冷房もいらない日になりましたね。

さて、今回は、看護学校受験に際して、私立看護大学で科目選択がある場合。特に数学で受けるか、それとも生物基礎で受けるかの場合についてです。受験生のみなさんはどちらで受けようと思っていますか?

結論からいうと、生物基礎で受けた方がいい人が多いでしょう。

今現在、数学も生物基礎も同じ位の学力の人なら入試は生物基礎の方が高得点がとりやすいでしょう。

今まで生物基礎はやっていません、この4月からです・・・という人でも生物基礎は高校1年間の内容ですから、4月から生物基礎を勉強して入試に備えるというもの悪くないと思います。

また選択した科目間の点数調整についてですが、科目間の点数の差異について正確に調整することは困難ですので、やはり得点をとりやすい科目を選択して受験するのがいいでしょう。

また、日赤のように点数調整しますと明記してあるところもありますが、記載がない学校が多いです。

以上の話は主に私立の看護大学や、看護学部についてでした。都立看護専門学校等、生物基礎で受験できない学校については、数学をしっかり1年勉強することによって十分合格点+@がとれるようになるでしょう。

 

 

これから看護を目指す人に その2

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

ついつい見上げて満開の桜に目がいきがちですが、足元でも緑が増えてきましたね。

今回は受験校について。看護の受験は、看護系大学、大学の看護学部、短期大学、看護専門学校とあります。よく聞かれるのがだいたい受験生は何校くらい受けられるのですか?

結論をいうと、 5~6校位受験される方が多いです。看護は入試倍率もある程度ありますので、1校、2校だけの受験の人は少ないですね。中には、過去上智大学や都立など1校だけ受けた人もいました(無事うかりましたが!)

多い人だと10校くらい受けられる方もいます。

また、以前に比べて、大学と専門学校両方受験される方も増えてきたように思います。