進路の選択は大丈夫?(保健師になるには?2/3)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

前回はどんな進路を進めば保健師への道が拓けるのか書きました。

今回は保健師の実際の働き方について紹介します。

まず、保健師の働き方ですが、大きく分けて3つあります。

1つめは行政保健師と言われるものです。これは主に保健所や市町村などで働きます。市町村で働くというのは具体的には地域包括支援センター、障害者福祉施設、児童福祉施設などがこれにあたります。

2つめは産業保健師です。これは主に企業などで働く人たちの健康管理をしています。

3つ目は養護教諭です。これは学校などで学生や教職員の健康管理をします。簡単にいうと”保健の先生”です。

以上保健師には大きく分けて3つの働き方があると紹介しましたが、いずれも地域で生活する人々を対象とした看護職から「地域看護」、と呼ばれていたり、病気や障害を予防し、よりより生活環境をつくるということから「公衆衛生看護」とも呼ばれています。

次回は、保健師として働く人数やその推移について紹介します。

投稿者: s-k-academy

はじめまして。新宿看護アカデミーです。このブログでは主に看護学校(大学、短大、専門)の受験を目指している方を対象として運営しています。みなさんが気になる、看護入試について(勉強・受験の進め方、願書、小論文、面接等)のことが主です(他は本学の夏期講習、冬期講習、説明会等)。 新宿看護アカデミーについては、約30名以下の少人数制で、堅苦しくない(アットホーム)雰囲気、また質問がしやすい予備校だと思います。一人ひとりに合わせて合格までサポートしていきます!