看護を目指すのによんでおいて損はない本

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

「看護」を目指すといっても日常的に「看護」が身の回りにある人はそんなにいないと思います。家族や自分が病気になってしまい病院に通っている時か、身近な人に看護師がいるくらいでしょうか。看護を知りたいけど、なかなか身近にないといった時は本を読んで知るというのも一つの方法だと思います。今日は、看護や医療に関連する読んでおいて損はない本の紹介です。(入試の面接でも読んだ本を聞かれることがあります。)

遺伝子医療革命/著:フランシス・S・コリンズ・・・・・最近話題になっている遺伝子検査、遺伝子医療についての知識が深まります。

ナイチンゲール言葉集/著:シンクンディA、ケインM.L.・・・・・言葉の解釈は人それぞれですが、普遍的な看護の事が書かれていると思います。看護の面接でもナイチンゲールについては聞かれることがありますので、読んでおいて損はないですね。

ライフサポート-最前線に立つ3人のナース/著:スザンヌ・ゴードン・・・・・看護職とはどういうものなのか想像している看護の幅を広げてくれるのではないでしょうか。

なぜ看護師になろうと思ったのでしょうか?(現高2生向け)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

現高校2年生の中には、将来看護師になろうと思っている方もいると思います。

今の時点で、面接用に具体的な看護師志望動機を考えておく必要はありませんが、秋頃になったら一人一人ていねいに考えていきましょう。人によっては、助産師になって周産期看護に携わりたい、養護児童をケアしたい、養護教諭になりたいなど現時点で具体的に考えている方もいると思います。それはそれで、目標への大切なモチベーションになるので大事にしておきましょう。

また看護専門学校、看護大学は学校によって難易度、カリキュラム、提携病院、保健師・助産師・養護教諭などの資格がとれるかなど様々です。春~夏ころに行われる説明会、オープンキャンパスは是非みておきましょう。

 

明日は日本赤十字看護大学の一般入試です(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

まだお昼ですが、すこし冷たい雨がパラついてきました。みなさんの住んでいる地域はいかがでしょうか?

さて、明日は人気校、難関校の1つである日本赤十字大学の一般入試ですね。

学科は必修が、英語・国語で、選択が(数ⅠA、生物基礎、化学基礎)から1科目ですね。

選択はどの科目を選ぶか悩む方も多いと思いますが、生物基礎で受験される方が多いのではないでしょうか?数Ⅰ・Aの問題については近年あまり奇問・難問は出題されず(昔は少なからずありましたね)看護大学としてはおおむね標準レベル、対策を立てれば高得点も可能な問題です。

日赤では選択科目でどれを受けても、科目間の有利、不利がでないよう点数に配慮されていますが、自分が得点をとりやすい科目で受験するのが無難でしょう。

また日赤ではディスカッションを行うことが多いです。注意して下さい。受験生6~8人 時間20~25分

 

 

今日は聖路加国際大学 一般入試です(2018)

こんにちは、新宿看護アカデミーです。

今日は難関&人気校の1つである聖路加国際大学の一般入試でした。

受験生のみなさんは普段と変わらず、いつも通りに落ち着いて入試会場に入っていくのが印象的でした。

ここの学校を目標に1年間頑張ってきた受験生も多いと思います。力を出し切ってきてほしいと思います。

今年の聖路加国際大学の受験者数は約500名ほどでした。

今夜からは雪が降る予報ですね、寒い日が続きますが、体調にお気をつけください。