都立の問題、数学はこれがでる

こんにちは、新宿看護アカデミーです。今回は都立看護専門学校の数学について少し書きます。都立の場合は受験科目は数学、英語、国語と3科目あり、数学については試験時間45分で20題、出題範囲は数学Ⅰのみになります。出題範囲をもう少し詳しく見ると、平成27年度入試より新課程入試になりデータの分析、集合が加わりました。それぞれ2題ずつ出題されています。そのほか方程式、不等式、2次関数、3角比の分野からよく出題されます。ほかの看護専門学校に比べると都立の数学は独立した問題20題を45分で解くので1題解くのに2~3分しか時間をかけれません。ですので20題すべて解ききるのは難しいかもしれません。そして毎年何問かは難しい問題、時間のかかる問題も含まれています。

合格点をとるカギとしては、難しい問題、時間がかかりそうな問題にはまらないことです(潔くとばす)。そしてその分を出来そうな問題につぎ込みましょう。グラフの平行移動、対称移動の問題、最大値最小値の問題等、毎年、公式化、パターン化して当てはめると時間がかなり節約できる問題があります。これをいくつ覚えて入試に挑めるかが合否を分けるでしょう。

国語については、都立の問題、国語はこれがでる! 英語については、都立の問題、英語はこれがでる! を参照してください。

投稿者: s-k-academy

はじめまして。新宿看護アカデミーです。このブログでは主に看護学校(大学、短大、専門)の受験を目指している方を対象として運営しています。みなさんが気になる、看護入試について(勉強・受験の進め方、願書、小論文、面接等)のことが主です(他は本学の夏期講習、冬期講習、説明会等)。 新宿看護アカデミーについては、約30名以下の少人数制で、堅苦しくない(アットホーム)雰囲気、また質問がしやすい予備校だと思います。一人ひとりに合わせて合格までサポートしていきます!